2軸・3軸回転ステージ

MSシリーズ

MSシリーズ

2軸・3軸回転ステージは、搭載した供試体にロール・ピッチ・ヨー方向の回転・揺動・振動の動きを与えます。
お客様の実験や試験の目的に合うよう、各種タイプを用意しています。

ジャイロが組み込まれた機器や慣性センサなどの試験に最適

ジャイロセンサが組み込まれた機器や、慣性センサ・姿勢センサ・IMUなど角速度および角度を計測する装置の試験や製品検査に適しています。また、車や船舶など揺れた環境で使用する機器の実験や試験などにもご利用いただけます。

さまざまなタイプをラインナップ

軸の順番が異なるタイプや、ロール・ピッチ・ヨーの回転軸の交点に供試体を搭載できるジンバルタイプをラインナップしています。

スリップリングの組み込み(オプション)

ヨー軸を無限回転させる場合に、ヨー軸にスリップリングを組み込むことで、供試体への電源供給と、供試体と固定側装置間の信号接続を実現します。

簡単操作

添付のWindows操作プログラムを使って、PCから動作速度や停止角度などを設定して、簡単に操作ができます。また、正弦波形の揺動回転、EXCELなどで作成したデータで動かす機能、事前に作成した動作シーケンスに基づき動かす機能も付いています。


(MSシリーズの型名)

MSシリーズでは、供試体のX軸方向の回転(左右方向の傾き)をロール、Y軸方向の回転(前後方向の傾き)をピッチ、Z軸方向の回転(左右方向の回転)をヨーと呼びます。
2軸や3軸の回転機構は、姿勢を計算する上で、軸の順番が重要になります。一番外側の回転軸をアウター軸と呼び、その内側でアウター軸と直交する回転軸をミドル軸と呼び、さらにその内側でミドル軸と直交する回転軸をインナー軸と呼びます。供試体はインナー軸のテーブルに取付けます。
MSシリーズの型名はアウター軸・ミドル軸・インナー軸の順になっています。例えば、アウター軸がヨー、ミドル軸がピッチ、インナー軸がロールの装置の型名は"MS-YPR"になります。
回転軸の交点に供試体が置けるジンバルタイプは、型名に"G"が付きます。(例えば、"MS-YPR-G"となります。)



《 ここに掲載されていない搭載質量、回転角度、最大速度の製品は、お問い合わせください 》

●2軸回転ステージ(ヨー+ピッチ、ジンバルタイプ)

型名 MS-YP-G-04 MS-YP-G-20
最大搭載質量 4kg 20kg
回転角度 outer Yaw : ±165deg Yaw : ±160deg
inner Pitch : ±60deg Pitch : ±60deg
最大速度 outer Yaw : 60deg/sec Yaw : 60deg/sec
inner Pitch : 60deg/sec Pitch : 60deg/se

●2軸回転ステージ(ピッチ+ヨー)

型名 MS-PY-10 MS-PY-30
最大搭載質量 10kg 30kg
回転角度 outer Pitch : ±45deg Pitch : ±45deg
inner Yaw : ±∞deg Yaw : ±∞deg
最大速度 outer Pitch : 60deg/sec Pitch : 30deg/sec
inner Yaw : 60deg/sec Yaw : 30deg/se

●2軸回転ステージ(ピッチ+ロール)

型名 MS-PR-20 MS-PR-100
最大搭載質量 20kg 100kg
回転角度 outer Pitch : ±20deg Pitch : ±10deg
inner Roll : ±30deg Roll : ±10deg
最大速度 outer Pitch : 90deg/sec Pitch : 30deg/sec
inner Roll : 90deg/sec Roll : 30deg/se

●3軸回転ステージ(ジンバルタイプ)

型名 MS-RPY-G-03 MS-YPR-G-05
最大搭載質量 3kg 5kg
回転角度 outer Roll : ±60deg Yaw : ±∞deg
middle Pitch : ±30deg Pitch : ±30deg
inner Yaw : ±∞deg Roll : ±30deg
最大速度 outer Roll : 100deg/sec Yaw : 60deg/sec
middle Pitch : 100deg/sec Pitch : 60deg/se
inner Yaw : 100deg/sec Roll : 60deg/se

●操作プログラムの仕様

速度ドライブ 速度と回転方向を指定してドライブする。ドライブ中に速度を変更できる。
角度ドライブ 指定角度まで指定速度でドライブする。ドライブ中に角度や速度を変更できる。
正弦波ドライブ 振幅と周波数を指定して、正弦波形の揺動回転を行う。
メモリードライブ 事前に作成した波形で動作する機能。複雑な動きが可能。
コマンドドライブ 事前に設定した動作シーケンスを順に実行する機能。
設定機能 原点設定、ゼロリセット、リミット設定など。
ステータス表示 実際の速度と角度を表示する。動作状態などのメッセージを表示する。
ログファイル機能 運転データ(時間毎の速度と角度)をファイルに書き込む機能。
PCとの通信 RS-232C(付属のシリアルUSB変換器を使ってPCのUSBコネクタと接続できる。)
対応OS Windows11, Windows10

●オプション

スリップリング ヨー軸を無限回転させる場合に、ヨー軸の回転中心に組み込む。供試体への電源供給と、供試体と固定側装置間の信号接続を実現する。
緊急停止スイッチ 手元で素早く停止させるためのスイッチボックス。
安全カバー・安全フェンス 回転機構ユニットの周囲を覆う、安全対策用のカバーまたはフェンス。インターロックおよびオートロック機能付。
PAGETOP▲